銀行と消費者金融、どちらが借り入れしやすいの?

キャッシングを申し込む時に迷うのが、銀行カードローンにするか消費者金融にするかというところです。金利は銀行の方がやはり安いので、できればそちらで借りたいと思っても、消費者金融の融資までのスピードはとても早いので急ぎの際はそちらを利用した方がいいかもしれません。

 

審査が厳しいかどうかという点は、やはり消費者金融よりも銀行の方が厳しめである事は事実で、とあるデータによれば消費者金融は銀行の倍の確率で審査通過できているとの事です。それでもキャッシングの審査は住宅ローンなどの大口融資などに比べれば審査はそれほど難しいものではなく、簡単な申し込みと本人確認書類の提出程度で利用できてしまうのは銀行も消費者金融も同じです。

 

また、審査の際には勤務先に在籍しているかどうかの確認を電話で行うのも同じです。ただし、銀行は絶対に電話で確認を取るのに対して消費者金融は電話以外にも書類で対応している場合もあり、若干融通がきくといった部分があります。

 

審査は30分程度であっという間に終了してしまいますが、消費者金融では過去の膨大な利用データを基にしたコンピューターでのスコアリングシステムを利用して、申告された個人情報を順次に点数化して審査の合否を大まかに決定する事ができます。消費者金融と提携している銀行も多く、このシステムを利用してスピード審査が可能になり、同じく30分程度で審査を終える事ができる銀行もあります。

 

最短時間で借入れできるキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

銀行カードローンしか利用できない人も

消費者金融といえば、誰にでもお金を貸してくれそうなイメージがあるかもしれませんし、かつてはそんな時代もありました。しかし返済能力に不安がある人などにも貸したり、利息を多く取り過ぎたりして多重債務問題が大きくなった事をきっかけに法律が変わりました。

 

そのために、消費者金融で借り入れるための条件は以前よりも明確になりました。ひとつは年齢で、満20歳以上の成人である事、また安定した収入があるという事。この2点は最低限の条件で、これらを満たさない人は申し込みをする事ができません。

 

一方で銀行は消費者金融とは業態が違うので、同じ法律の元にありません。ですから、申し込み者本人に収入がなかったとしても場合によっては貸し付けが可能なのです。専業主婦は個人の収入がありませんが、収入のある配偶者がいればその人に扶養されていますので、安定した収入の中で生活している事になります。

 

そのような場合には、消費者金融が駄目でも銀行ならば審査を受ける事ができます。しかも限度額が低いのであれば配偶者に許可を得る必要もなく、個人的に申し込みをする事ができてしまうのです。審査で調査されるのは主に申し込み者本人で、配偶者の勤務先に電話確認をする事もありません。もちろん必要な額が多ければその限りではありませんが、小額のキャッシングならば本人確認書類だけでむしろ消費者金融よりも簡単に借入ができてしまうかもしれません。

 

学生ローンの場合

学生でもお金を借りる事ができますが、もちろん返済しなければなりませんので、収入がある事が大前提となります。学生だと借りやすいのは銀行よりも消費者金融と言えるでしょう。消費者金融は満20歳を過ぎていて、安定収入がある人であれば誰でも利用する事ができます。

 

収入の額よりも、毎月決まった所から安定して収入があるかどうかの方が重要だったりしますので、学生のアルバイト収入でも十分通用します。学生で社会人並みに多額の収入を得ている人はあまりいないですから、ほとんどの学生は10万円の限度額内でキャッシングを利用する事になります。

 

限度額に違いはあっても、学生だからといって特別な扱いがあるわけではありませんので、1人の大人として返済する義務と責任を負うという事になります。キャッシングは保証人もなければ担保もありませんので、全てが自己責任となります。

 

学生は学校もありますので、無理のない利用で確実に返済できるよう心がけましょう。銀行だと学生のローン自体は無理ではないにしろ、消費者金融とは違い親権者の同意が必要だったり、そもそも学生には融資しないといった銀行も多くありますの。

 

年金生活者は借りれるか

キャッシングの利用には年齢制限があります。満20歳以上であるのはどこも同じですが、消費者金融のほとんどは69歳まで、もう少し低いケースでは65歳、銀行によっては60歳までとそれぞれ違います。年齢だけで考えれば、多くの業者が69歳まで融資をしている消費者金融が圧倒的に借りやすいでしょう。

 

最近では高齢者でも仕事をしている人も多く、年金以外の収入を得ている人も大勢います。そのように、年金以外の収入がある場合には消費者金融が借りやすく、年金収入のみの場合は銀行の方が借りやすいという違いがあります。銀行も消費者金融もそれぞれ特徴が違うので、利用者の条件によってどちらがいいか分かれる事もあります。キャッシングは自分に合った方法を見極めて利用しましょう。

カードローン会社と消費者金融の入金速度の違い

キャッシングの入金スピードが早いのはカードローン会社よりも、消費者金融です。どうしてそんなに早いのか、もしかしたら、なにか自分たちに不利益な何かがあるのではないか、と心配になる方もおられることでしょう。今回はその、消費者金融の入金速度の早さの理由を紹介します。

 

早く入金できる三つの理由
審査速度の早さを売りにできるのが消費者金融だから

消費者金融は現在、かなりの苦境に立たされています。簡単に借りれることなどを目玉に、多めの利息を取って利潤を得ていたのですが、現在は過払い金請求などによって利潤を得にくくなっているのです。また、消費者金融の高金利を嫌がり、低金利を目玉にしている銀行カードローンなどに客層が流れているのも事実です。そのため、新たな目玉として、審査速度を早くしてしまうことに目を付けたのです。

 

銀行の場合は、時間こそかかることが最大のデメリットではありますが、堅実手段として消費者金融よりも借入をしてくれる顧客は必ずいます。しかし、消費者金融は前述した高金利がデメリットとなって、顧客が減りつつあります。そのため、銀行にはないメリットを提示する必要があったのです。

 

それこそが審査速度を早くして、すぐに借りれるような体制を整える必要があるのです。また、いかに早くするか、という点は同業の消費者金融との競争できる差にもなるので、かなり重宝し、工夫している点だと言えるでしょう。これが、早く入金できるようにしている理由の一つ目です。

 

審査基準を緩くしている。

消費者金融の場合はかなり審査基準が緩いです。もちろんこれも、より多くの人に利用してもらえるための手段の一つです。そうすることによって、条件さえ満たせればどんな人でも簡単に借入が可能だ、ということをアピールしているのです。また、審査を簡単にするためにコンピューターでの審査を導入しており、それが入金までの早さを短縮することも可能にしているのです。

 

コンピューターでの審査は、借入が可能かどうかを機械的に判断し、限度額を算出するだけですので、たった10秒ほどで完了します。スタッフの目を通しての最終確認もありますが、かなり簡単に済ませるので、詳しくは調査しません。そのために早く終了します。逆に銀行の場合は本人確認なども厳しく基準を設けながら行われるので、自動的に時間もかなりかかってしまいます。書類の真偽を調べたり、会社の在籍確認から本人確認まで、当人がでなければ不可能など、非常に厳しいものです。

 

しかし、消費者金融は書類が間違っていようが、本人の責任であると判断し、在籍確認も別の人が出てもOKなど、銀行と比べると審査が緩いことが良くわかります。また、銀行カードローンでも早い審査が早い場合もあります。その場合はコンピューターでの審査を通したあと、保障会社になっている消費者金融に残りの作業を丸投げしているのです。前述のように消費者金融はコンピューターを通せばもう審査終了も同然ですので、あっさりと通してしてくれるのも納得です。もしも保障会社が消費者金融となっている銀行があれば、消費者金融同然の速度で入金してもらえると覚えておきましょう。

 

自動契約機の存在

銀行カードローンにはなく、消費者金融の場合に存在するのが、自動契約機です。大手金融会社は自動契約機を全国に設置しています。自動契約機は営業時間外での利用も可能で、さらにキャッシュカードもその場で発行することが可能です。

 

また、発行することさえできれば融資も可能ですので、インターネットでの申込みを済ませていれば、即日融資も可能になります。以上が消費者金融の入金速度が速い理由です。当然消費者金融も銀行カードローンもメリット、デメリットが存在します。それらを良く考えた上で、借入は利用しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日