郵便物が届かないように徹底する事が最重要

一緒に暮らしている家族にキャッシングを内緒にしたいという状況もあることでしょう。

 

そんな時にただ普通にキャッシングを利用していては即バレてしまいます。いくつかのポイントの注意しながらキャッシング利用していきましょう。

 

キャッシングがバレてしまうのは書類に問題がある

キャッシングがバレてしまう大きな問題点は「書類」にあります。どうしても金銭のやり取りが発生し契約をするわけですから書類は必要になってきます。申し込み時点までは特に問題がなくても契約後に書類が郵送で送られて来ることがあります。

 

もちろん自分の名前で届く郵便物ですから家族が勝手に触れなければそこからバレる事はありません。しかし、場合によってはこうした書類を勝手に開けてしまうような家庭も存在しているようです。もし家族が郵便物を勝手に開封してしまうようであれば注意しなければなりません。

 

一番安心な方法としてはWEB申し込みが挙げられます。WEB申し込みではキャッシングに関わる全てをインターネット上だけで済ませる事ができます。そのため郵便物の発生を最小限にとどめる事ができるわけです。

 

郵便物の発生を最小限と表現したのには理由があります。キャッシング、いわゆるカードローンを利用する場合には当然ローンカードを入手する必要があります。インターネット申し込みを行ってもこの点は同様で郵送にて送られてきます。当然これも自分で受け取れば問題ありませんが、確実とは言えません。

 

自動契約機を利用する方法

そこで自動契約機を使うという方法が考えられます。自動契約機ではWEB申し込みのあとに契約だけという形での利用が可能となっています。そして自動契約機ではその場でカードを受け取る事ができます。つまりWEBで申し込んだ時に発生する郵送を無くす事ができるわけです。

 

また、この他の裏技として郵送されてくる書類を郵便局留めにするという方法があります。自宅まで届きませんから安心して自分で取りに行くことができます。しかし対応してくれるかどうかは業者次第ですから、あくまでも裏技とします。

 

基本的には自動契約機が近所に設置されていないなどの特殊なケースでのみの利用となるでしょう。この他、キャッシングで借りたお金をしっかり返すという事も重要になってきます。滞納すれば電話や郵便での督促があります。昔のような強引な取立てはなくなりましたが一緒に住んでいる人にキャッシング利用を隠すのは難しくなるでしょう。

 

返済日を守ることはもちろんのこと、遅れる場合はきちんと連絡を入れるようにしましょう。連絡とその後の対応をしっかりすれば督促の連絡が来ることはなくなります。

 

借入や返済の方法についても注意

更に借入や返済の方法についても注意するべきでしょう。基本的に返済時の利用明細の発行は希望しても止める事はできません。これは法律で必ず発行するようにと義務付けられているからです。つまり返済方法問わず利用明細が発行されるため、発行された明細が周囲にバレにくい方法を利用するようにしましょう。

 

一番ばれにくい方法としてはATMでの借入と返済が挙げられます。大手の業者ではほとんどの場合コンビニのATMなどと提携していますので全国どこでも利用できます。ATMでは利用明細がその場で発行されるためすぐに処分することもできますし、その場で発行されることで郵送される事もありません。

 

WEB明細サービスを提供している場合はそれを利用する事でインターネット上だけで完結させることも可能です。利用している業者が対応しているかどうかチェックすると良いでしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日