収入があればアルバイトでもキャッシングできます!

キャッシングは基本的にはアルバイトをしている人でも利用することができますが、その収入額やどれだけその仕事を続けているのかが大きなポイントになります。

 

また信用情報次第なところもあり、これなら通るといった明確な基準がないのが実情です。

 

パートやアルバイトにおすすめのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

審査は総合的に判断されます

これはアルバイトの場合に限った話ではなく、正社員や公務員、契約社員、また主婦の人でも同じで、キャッシングの審査はその人の色々な要素を総合的に判断して行われています。職業や収入、勤続期間などの各要素の中で1つが審査の基準までかなり足りない場合でも、その他の要素が全く問題場合は審査を通過できる可能性が高いと言えます。

 

全ての要素をクリアしているような場合は文句なしで短時間で審査を通過できますが、あまりそういったこともありません。どこかで何かが足りなくても他の要素でカバーできれば大丈夫だということです。ではアルバイトの場合はどこに気を付ければこの審査に通りやすくなるかという点ですが、まず収入面が大事な要素の1つになります。

 

キャッシングを利用する場合、月給にして5万円以上は欲しいです。月5万円の収入がある場合、限度額10万円までの審査であれば他の要素に問題が無かった場合はまず大丈夫な範囲だとい言えます。ですがこれは他からの借り入れがない場合に限ります。

 

既に他から借り入れを行っている場合は総量規制の問題もあり、審査を通らない可能性が高いです。また過去にキャッシングやクレジットカードの支払いで遅延したことがあった場合も難しくなります。
こういったことがない限り、月5万円の収入があれば少額のキャッシングが可能であればまず問題ありません。

 

勤続期間も重視されます

収入も大事な要素の1つですが、それ以上にアルバイトの場合は勤続期間がポイントになります。現在の職場でどれだけ長く勤務しているかによって審査での評価が大きく変わります。キャッシングの審査で問われるのは、融資したお金をきちんと返済してくれるかどうかです。それには安定した収入が不可欠になります。勤続期間が長いということは、安定して収入を得ていると判断できる大きな要素になります。

 

また同じアルバイトでも、職種によって評価が変わります。コンビニエンスストアなど決まったシフトに入って勤務している人は比較的信用される傾向にありますが、水商売など人の入れ替わりが激しい職場の場合はあまりいい評価にはなりません。1つの店で長く勤務することがあまりない職種だからです。もちろん中には1つのお店にずっと勤務している人もいると思いますが、安定性としてはどうしても欠けると判断されてしまいます。

 

アルバイトをしている学生でもキャッシングが可能?

アルバイトにより収入がある場合、学生でもキャッシングを利用することができます。ただし未成年はキャッシングの利用はできませんので、20歳以上であることが条件です。ですがこれは消費者金融に限った話で、銀行ではアルバイトで定期的な収入がある場合でも、学生という理由だけで審査を通らないことが多いです。

 

銀行のカードローンは消費者金融より金利が低く設定されていますが、その分審査が厳しく、会社員の場合でも消費者金融では審査に通っても銀行では落とされてしまうことがあるくらいです。学生でも借り入れを行える銀行も存在しますが、当然会社員の場合より厳しく審査されますので、通過するのは難しいと思ってください。

 

また親権者の同意があることで借り入れが可能になる消費者金融や銀行があります。ですがもちろん親の同意書が必要になりますので、内緒でキャッシングを行いたい人には向いていません。学生がキャッシングを利用したい場合は実質的に消費者金融しか選択肢がないかも知れません。

 

消費者金融には学生専用の学生ローンという貸し出しを行っている会社や、学生専用のローン会社も存在します。共に契約時に学生であれば、返済中に卒業するような場合でも大丈夫です。学生の場合、こういった学生専用のローンの方が一般のキャッシングを申し込むより審査に通りやすいので、そういったローンを用意している会社を探してみるのもいいと思います。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日