ポイントは安定収入

テレビのコマーシャル等でも度々目にする事が多いカードキャッシングは、消費者金融だけでなく多くの銀行でも取り扱っています。キャッシングは条件さえ満たす事ができるのであれば誰でも簡単に利用する事ができます。

 

主な条件としては満20歳以上で69歳以下である事が多く、銀行によっては60歳までとなっている場合もあります。もうひとつ重要な条件としては安定した収入がある事となっていますが、雇用状態が正社員である必要はありません。

 

フリーターがキャッシングの審査を受ける場合

一般的にフリーターとは、非正規雇用の仕事で生計を立てている人の事を指して言われています。フリーターの中にはひとつの仕事だけではなくて、いくつかの仕事をかけもちしている場合もあります。キャッシングの利用条件として、年収がいくら以上であるとか、勤続年数が何年以上なければならないといった明確な条件はなく、すべては審査で決められるという事になります。

 

フリーターであっても安定的に収入があるのならば審査を通過する事は十分に可能です。キャッシングは正社員だけでなくパートやアルバイトの主婦や学生、年金収入の他に収入がある高齢者であっても返済能力さえあれば利用する事ができます。そのため収入の額が大きいというよりも小額でも安定的に収入があるかどうかがポイントとなっています。

 

勤続年数に関しては、住宅ローンなどの高額な融資ではない事もあって、それほど長くはなくても審査には通る場合があります。ただし、もし職場を転々としていて一か所になかなか定まらないような状態で、収入だけは安定的にあるといった場合にはその判断はそれぞれの業者によって違う可能性はあります。

 

過去の借金について

全ての融資については、個人信用情報機関にその状況が全て記録されています。車のローンやショッピングローン、クレジットカードの利用金額やリボルビング払いの残高、それらの返済状況、また勤務先などの情報についても実はそこに記録されているのです。

 

キャッシングの審査を申し込めば、その事についての記録もしばらくの間は残る事になりますし、実際にキャッシングを利用するようになるとその状況についても記録され続ける事になります。どの借金も返済が滞るとこの信用情報上に記録される事になります。

 

ただし、うっかり返済を忘れてしまっていたなどという場合にはすぐにそのような情報が上がっていってしまう事はありません。盲点になりがちなのが、携帯端末料金の分割払いです。これは携帯電話の利用料金と一緒に回収されているため、携帯電話料金を延滞し続けてしまうと信用情報に傷がつく可能性があります。

 

またうっかりの延滞を何度も何度も繰り返すような事があると、悪質な延滞と判断されて記録されてしまう事もあります。公式の基準としては61日以上もしくは3か月以上の延滞となっていますが、状況によっては必ずしもその限りではありません。

 

個人信用情報に事故情報が記録されている状態だと、どんな金融業者であっても新たな融資の審査には通りません。ブラックの人でも融資可能という類の貸金業者は悪質な業者ですので、利用しないように気をつけましょう。

 

消費者金融には明確な限度額のルールがある

消費者金融やクレジットカードなどの信販系キャッシングの場合には、総量規制といって収入の3分の1を超える融資はできない法律があります。そのため、当初希望する借り入れ限度額は収入の額に応じて決められる事になります。

 

最低限度額は10万円ぐらいになる事が多いですが、50万円以下の限度額であれば収入証明書がなくても借り入れが可能な事が多くなっています。信用情報を調べると他社からの借入額もわかりますので、既に他社で多く借りている場合や額が少なくても何社からも借りてしまっているなどの場合には、信用情報に特に事故等の問題がなかったとしても融資が認められないといった事もあります。

 

銀行の審査は厳しい?

一般的に銀行の審査は消費者金融よりも厳しいと言われていますが、基本的には年齢条件や収入等の条件も変わりません。ただし、合否の基準は銀行の方がハードルが高い部分もあり、フリーターの人の審査が不利になる可能性もあります。

 

フリーターの収入証明書は必要?

消費者金融でも銀行でも、小額の融資であれば本人確認と勤務先の在籍確認ができれば収入証明書を提出する必要はありません。もしも審査の都合上何らかの事情で収入証明書の提出を求められた場合、源泉徴収票があれば一番いいですが、ないのであれば給与明細書等でも対応してもらえる場合があります。

 

消費者金融によっては必ず収入証明書を提出する事になっている会社もありますので、前もって調べてから自分に合った会社を選択する事をおすすめします。貸金業者は多くあり、必ずしも健全経営している業者ばかりではありませんので、利用するならば大手の金融業者にしておく方が安心でしょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日