専業主婦でも借りられる銀行のカードローン!

消費者金融では原則的に収入のない専業主婦への貸し出しは行っていません。例外として、配偶者である夫の同意が必要な配偶者貸付という制度がありますが、同意書の提出が必要になってしまうため、夫に内緒で借り入れを行うことは不可能です。

 

ですが銀行であれば、夫に内緒で借り入れを行うことが可能です。夫である配偶者の同意書が必要な銀行も多いですが、中には同意書は必要がないカードローンを扱っている銀行があります。そのような専業主婦が夫に内緒でキャッシングを行えるカードローンを紹介します。

 

専業主婦でも利用可能なキャッシング!
女性におすすめレディースローン 専業主婦歓迎のカードローン

▲レディースプロミスのページヘ

▲イオン銀行カードローンBIGヘ

 

同意書なしで借り入れ可能なカードローン

具体的には三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、イオン銀行、東京スター銀行、横浜銀行、楽天銀行(ネットバンク)といった銀行のカードローンになります。他にもそういった銀行は存在しますが、有名なところではこれらの銀行が専業主婦でも問題なく借り入れが行える銀行です。

 

まず配偶者の同意書が必要ないので、夫に内緒でキャッシングを行うことが可能です。申し込みの際の職業欄にはそのまま専業主婦と記入してください。夫の会社についての情報や年収を記入する必要がありますが、契約をするのは妻である自分なので、夫の会社に連絡がいくことはありません。

 

ですが専業主婦がキャッシングの契約を行う場合、配偶者である夫との婚姻関係を証明するために住民票の提出が必要になります。これは役所に申請すれば簡単に手に入りますので入手自体は容易ですが、この提出が必要ない銀行が上の中にあります。

 

それは横浜銀行と楽天銀行です。この2つの銀行では、専業主婦でも本人の身分証明書だけで借り入れを行うことができます。共にインターネットからの申し込みが可能なので、手続きも簡単です。住民票を入手する時間がない場合はこれらの銀行のカードローンが便利です。

 

信販系の会社は避けた方がいい

銀行以外で専業主婦が配偶者の同意なしで借り入れを行う手段として、セゾンなどの信販カード会社のキャッシングを利用する手もあります。ですがクレジットカードでのキャッシングになってしまうため、返済方法が一括払いかリボ払いかの選択になります。

 

リボ払いはご存知のように、金利の面で大変不利です。限度額も30万円までのことがほとんどです。後述しますが、銀行では専業主婦でもそれ以上の限度額での申し込みが可能です。また信販系の会社は本業はクレジットカードを利用して物品を購入してもらうことなので、現金のキャッシングとなるとあまり利便性が高いとは言えません。

 

金利も消費者金融並に高いので、これの利用はあまりおすすめはできません。専業主婦には信販系のキャッシングを利用するより、銀行の方をおすすめします。

 

イオン銀行と楽天銀行は限度額が大きい

専業主婦でも問題なく申し込みができる銀行を上に挙げましたが、ほとんどの銀行で限度額は30万円までになります。本人には収入がないため、その本人の契約ではそれ以上の貸し出しは行ってもらえません。ですがイオン銀行と楽天銀行に限り、専業主婦に対しても50万円までの貸し出しを行っています。

 

商品名としてはイオン銀行がカードローンBIG、楽天銀行はスーパーローンという名称です。更に楽天銀行の場合は住民票が不要なので、一番気軽に大きな限度額での申し込みが可能です。楽天銀行はネットバンクですが、イオン銀行のATMや全国のコンビニのATMが利用できますので、他の実店舗がある銀行と比べた場合も特に利便性に問題はありません。

 

このようなあらゆる条件を見ていくと、楽天銀行のスーパーローンが専業主婦には一番おすすめです。銀行のカードローンなので、消費者金融や信販系のキャッシングと比べて金利の面でも低く設定されており、また申し込みの際に用意するのは本人の身分証明書だけです。夫の会社に連絡がいくようなこともありませんので、内緒でキャッシングをするにはもってこいのカードローンだと言えます。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日