中小のキャッシング会社が送ってくる親展に親は興味津々?

現在学生であってもキャッシングを利用できます。アルバイトなどで収入があれば、返済能力ありと判断されてキャッシングの審査をパスできるのです。ただキャッシングも借金の一種ですから、できれば利用したことを親御さんに知られたくないはずだと思います。実際きちんと利用すれば親御さんにバレる可能性は低くなるはずです。

 

キャッシングを利用する際、審査を受けますけど、ここで実家に電話が掛かってくることはまずありません。学生の場合本人確認は学生本人が持っている携帯電話にするのが通常でして、その後郵便物などが郵送される場合も一人暮らしをしているなら、実家に郵送されることは無いのです。ただ親御さんと同居している場合はいろいろと厄介なことになります。

 

キャッシング利用の際の郵便物に注意

キャッシングを実際に利用した方ならわかると思いますけど、事あるごとに契約書だ、ローンカードの配達だ、そして利用明細書の送付だというように郵便物が送られて来るのです。もちろん最近は個人情報保護の観点からキャッシング会社からの郵便物だとはすぐにわからないような工夫がしてあります。

 

そして郵便物にはしっかり「親展」と記載されていますので、本人以外は家族であっても開封するのを躊躇するようになっているのです。ただこの親展というものが親御さんをはじめとするご家族の興味を引いてしまう可能性があります。

 

普通、親展と記載されている郵便物なんてそんなにたくさん来る訳ありません。学生だったら尚更です。学生である子供に親展の郵便物、そして送り主がどんな会社かよくわからないのです。親御さんなら「子供が変なものに手を出して切羽詰まっているのではないか?」と考えてもおかしくはありません。そして心配がマックスになったところで郵便物を開封し、キャッシングを利用していたことが家族に知られてしまうという可能性は結構高いのです。

 

返済の遅延には要注意

さらに期日までにきっちり返済が終わっていれば何ら問題無いと思っていませんか?実はそうではないのです。きっちり期限内に返済したことでキャッシング会社からしたら良い顧客と判断されてしまい、次から次へと利用を促す郵便物が送られてくるということになってしまうのです。

 

実際に送られてくるのは「融資枠を増やすことが可能です」とか「低い金利を適用できます」とか言ったものがほとんどです。こんなダイレクトメールが大量に来るのですから、どんな親御さんでもすぐにピンときて、キャッシングを利用したことがバレてしまうでしょう。ただダイレクトメールに関しては、キャッシング会社のカスタマーセンターに電話すればすぐに止めさせることができるはずです。以上が親御さんにばれる典型パターンです。

 

このような親バレを避けたいのなら、まずキャッシング会社の選定から慎重に行いましょう。中小のキャッシング会社はネット広告などよりダイレクトメールでの営業を好む傾向にあります。そのため郵便物を用いた営業をあまりしなくなった大手のキャッシング会社をチョイスすればダイレクトメールが頻繁に送付されることはないはずです。

 

大手の多くは、すでにWEBですべて完結できるサービスを提供しています。契約書や明細はペーパーレス化し、ネットですべて閲覧できるようにしているのです。またローンカードも郵送でなく自動契約機で受け取るようにできます。このように徹底されているサービスを利用すれば親バレする可能性が極限まで低くできるのです。

 

ネット経由で申し込む場合、PCが使えないという方もおられると思います。親御さんとPCが共用だと履歴をたどれば容易にキャッシングしたことがわかってしまうからです。そのため現在ではスマホを使って申し込みができるような仕組みが確立されており、流石にスマホを使えば親御さんもキャッシングに気付くことはないでしょう。スマホならいつでもどこでも申し込みが可能ですので、親バレを避ける以外でもメリットが多いと思います。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日