在籍確認方法に不安があれば申し込み前に相談してみる

住宅や車のローンはともかく、借金をしている事をあまり人には言いたくないものです。特にキャッシングなどの利用に関してはとてもデリケートな問題という意識もあり、周囲の人にはできるだけ知られたくない事でしょう。ですからキャッシングの審査で在籍確認があると聞くと、周囲の人にキャッシングの事がわかってしまうのではないかと心配になってしまい利用を迷ってしまう事もあります。

 

在籍確認とは、申し込みの際に記入した勤務先に本当に在籍しているかどうかの簡単な確認作業です。これは通常電話で行われる事になっていますが、電話の内容はとても簡単です。消費者金融の在籍確認は、そもそも会社名を言わずに個人名で電話をかけますので、勤務先側からみれば個人の知り合いからの電話がかかってきたかのような印象を持つように配慮される事でしょう。

 

銀行の審査の場合

銀行の審査の場合は、どんな融資の内容であっても勤務先への電話は銀行名を名乗ります。銀行という業態自体が信用されているので、勤務先がその電話を不審視する事はありませんが、何かのローンの審査である事はわかるでしょう。

 

ただし、それが住宅ローンなのかその他の目的別ローンなのかキャッシングなのかを知る事はありません。勤務先に社員が多く在籍しているような会社であれば、銀行からのそのような電話はよくかかってきているはずですからそのような電話にも慣れているかもしれません。

 

ただし日本には、消費者金融等でのキャッシング利用者はとても多いのが現状ですから、経験のある人が実は勤務先にもいたりすればもしかしたら個人名での問い合わせで感づく可能性はゼロではないでしょう。それはそれぞれの職場の環境によっても違いがあり、大勢の社員が働いているオフィスなどであれば個人宛の電話は自然でしょうし、めったに個人宛の電話などかからない少人数の会社であれば、珍しい電話で目立ってしまうかもしれません。

 

近年では個人情報の扱いに関する会社の姿勢も変化してきていますので、社名を名乗らなかったり個人名だけを名乗って用件を言わないような電話の場合には、きちんとした返答をしかねるといったケースもあります。銀行であればその点は問題ありませんが、消費者金融だとそのような問題が生じるかもしれません。

 

消費者金融の在籍確認方法

この点で消費者金融では在籍確認方法に関しては銀行よりも柔軟に対応している事が多く、電話での確認が難しい場合などには他の方法を提示してくれる場合もあります。その場合、本人確認書類の他に源泉徴収票や給与明細などの収入証明書や社員証、社会保険証など雇用されていなければ絶対に持っていないようなものがあれば、それで勤務先への在籍を認めてもらえる事になります。

 

申し込みをする人自身はその電話の主がキャッシング会社である事をわかっているので、どうしても不安視してしまうこの在籍確認ですが、各種借金だけではなくてクレジットカードを作る時やショッピングローンなど、同じように電話で在籍確認が必要なものは意外と多くあります。

 

なので、あまり神経質になって怖がる必要もないかもしれませんが、どうしても不安であるようならば申し込み先の業者に審査を行う前によく相談をしてみる事をおすすめします。そうすれば不必要な憶測で不安になる事もありませんし、電話の時間やその問い合わせ内容などについての詳細も打ち合わせて決める事ができるかもしれません。また、消費者金融では最初から電話確認なしで契約できるプランを用意している所もありますのでそちらを利用するのもおすすめです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日